社会保険労務士の初心者向け過去問題対策とは

オフ 投稿者: wpadmin

過去問に重点を置いた学習を

社会保険労務士の初心者が重要視する必要がある教材は、第一に過去問題だという意見があります。
テキストも大事ですからどちらが上ということもありませんが、確かに過去問題はテキストより大きな成果を与えてくれることもありますね。

社会保険労務士の初心者は、過去問題にとにかく全力で取り組むことを目標にしてください。

社会保険労務士の過去問題はなぜ大切なのか?

社会保険労務士の過去問題は、合格のための最短ルートを見つけさせてくれます。
試験本部は合格率の変動を望んでいませんが、下がらないようにするには解きやすい問題を出すしかありません。

過去と同一の問題はなくても、同じ範囲からよく出すなどの措置をとることで、受験者にチャンスを与えているのです。
社会保険労務士の過去問題は、5~10年分くらい手に入れる必要があるでしょう。

そして、さまざまな目的で、過去問題を活用しまくることが初心者には必須です。

社会保険労務士の過去問題はどれくらい解くべきか?

最低でも同じ過去問題を、5回は解いたほうがいいのではないでしょうか?
とはいえ、解き方や読み方にもいろいろあります。

社会保険労務士の初心者の過去問題の使い道としては、

  • とにかく問題文を読んで、どんな問題文が並んでいるのか頭と目を慣らしていく
  • 2年分以上を比較、特に同じ科目での比較をして、研究をする
  • 問題文を実際に解いて、実力を試したり弱点を探したりする

といったものがあるはずです。

最初は問題文を読むだけでもOK

何も知らない初心者がいきなり社会保険労務士のテキストを読むのはひたすらハードです。
そのままでは困りますから、テキストも問題集も時間や回数、あるいは範囲等を決めてただ読むだけでも最初のうちはいいでしょう。

これは頻出範囲を知る上でも便利ですし、テキストか過去問題かどちらかに自分なりのメモを書き込んでもいいでしょう(その意味では、余白が多めのものを使うほうがいいですね。PDF等のデータで配布されるタイプは、出力しないといけないため不向きかもしれません)。

複数年を通して、同じ科目をまとめて研究・対比させてみる

これは非常に効果的です。同じ科目の問題、特に同じ形式の問題(つまり、択一式と選択式で分けながら)を2年分以上一度にやってみる、あるいは一度に比べ読みするようなことをすると、各科目でどういった傾向のもとで問題がつくられているのかを知ることができます。

まったく同じ問題文が書かれていることはなくても、ひとつの範囲がさまざまな形式で出題され続けていることがだんだんとわかってきます。

実際に受験するつもりで解く(時間を計るとなおよい)

試験では、実際に短時間で膨大な問題数を次から次へと解いていかないといけないのですから、普段の勉強法にそれを意識した勉強法を取り入れることは大切です。
もちろん、通学講座をやっている学校が企画する模擬試験や答練を受けに行くことも大事ですが、普段からときどきこうした勉強法を自分に課すことも忘れてはいけないでしょう。

その意味では、回答時間の目安が記されているような、気配りのされている過去問題集を手に入れることが理想的です(一部の通学講座や通信講座で作成しています)。
過去問題をやりつくしたと思ったら、いずれは予想問題集に手を伸ばすとよいでしょう。

社会保険労務士の過去問題の重要性はよく噂になりますが、初心者は答えを丸暗記してしまうまで、よく使い込むべきでしょう。